「医者が言うことをすべて真に受けてはいけません」

「医者が言うことをすべて真に受けてはいけません」

 

これは整体業界にも言えることですが、資格があればすべて信用できないわけではないということです。

特に身体のゆがみからくる色んな症状は病院では適当に病名が付けられてあとは安静と痛み止め、コルセット出されて終わりというパターンがあります。

もちろん、全てではないです。

いいお医者さんいるので改善する場合もあるでしょう。

しかし、症状が悪化すると最終的には手術を勧められるというパターンが殆どです。

「ストレートネック」「側弯症」「頚肩腕症候群」「腱鞘炎」「O脚」「X脚」「ヘルニア」

 

などなどいろんな病名はありますが、これはただの結果です。

そうさせている原因を取り除かすに痛み止めやコルセットでごまかしていれば、最終的に悪化して手術しましょうと言われるのがオチですよね。

そして西洋医学の知識しかないドクターには東洋医学でいう「未病」の状態を治すことができません。

いわゆる肩こりや腰痛も「未病」の状態です。

ストレートネックもそうでしょう。。

 

レントゲンなどの画像にも出ませんから、お医者にはどうしようもできないんです。

しかし、高度な整体の技術をもっている人はお医者さんが見放した症状を手技で改善させることが出来る場合があります。

それは人間本来の自然治癒力を高めるという治療を行うからです。

骨格の歪みによって身体が正常に機能していない状態というのは肩こりや腰痛はもちろん、生理痛、頭痛、その他内臓の不調などなど上げたらきりがないほどあります。

それらは身体の歪みを取り除き、筋肉と内臓が正常に働くようにするだけで改善されていくんです。

それらがウイルスや病気による変形でなければ自然治癒力で治るはずです。

ですから、あなたも何かあったらまず病院という選択肢ではなく、整体という選択肢をとってみてください。

ちなみに風邪を引いたら病院で薬をもらうというのも間違っています。

なぜなら、風邪を治すのは人間の免疫しかないので、風邪で症状を抑えるのは逆効果だからです。
症状が抑えられて風邪が治ってると勘違いしているだけです。

ビタミンCなどの栄養をとって寝るしか方法はないんです。

間違った常識というのに踊らされないようにしてください。

関連記事

  1. 「あなたの子供の姿勢は大丈夫ですか?」

  2. 「潜在意識があなたの行動を左右する」

  3. 「なぜ、身体の歪みを放置するのか?」

  4. 「腰痛の原因は筋力不足」

  5. 「腰痛って冬に出てきませんか?」

  6. 「あなたはぽっこりお腹?」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate:

Translate »